goshinbanner.bmp


2011年09月15日

心をキレイにしないと強くなれない◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

⇒ 武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


新極真会の塚本徳臣選手を
ご存知ですか?

⇒ 塚本選手の動画

「Fight&Life」誌
2011年10月号の表紙は
塚本選手だったので、
思わず購入してしまいました。

⇒ 詳細はこちら

塚本選手、
今回の第10回全世界空手道選手権大会で
引退を表明していますね。

⇒ 詳細はこちら

1994年から闘っているわけですから、
かれこれ17年もフルコンタクト空手界のトップに
君臨しているわけです。


僕も10年、選手として闘いましたが、
レベルといい実績といい、経験年数といい
まったく足元にも及びません(汗)。

というか、塚本選手、
いろんな意味でバケモノです(笑)。


今回の記事でスゲーなぁと
感心したのは、その稽古に取り組む姿勢です。

とてもいいことを言っているので、
引用させてください。


強くなるためには
心をきれいにしていかなければ
気づけないとわかったんです。

例えば、大会に向かって稽古をしている時に、
全員ぶっとばしてやる、という
邪気があったら神は宿らないんです。

勝つ人って、神が宿っているじゃないですか。

緑代表が世界チャンピオンになった時や、
ヒョードルが勝ち続けいていた時って
神がかっていたじゃないですか。

僕が負けている時は、
もう一度勝って、自分の地位や名誉を
取り戻したいという邪気があったんですね。

でも、自分が道場を持って子どもたちに教えているうちに
自分の生徒たちのために勝ちたいって思うようになってきたんです。

自分を応援してくれる生徒たち、
家族たちのために勝ちたいって。



この塚本選手の言葉、
とてもよくわかるんですね。


僕自身、15年ほど前、
地方大会の中量級で優勝したことがあります。


一本勝ち、技ありなどが
バンバン決まって、
自分自身が一番ビックリでした(汗)。


神が宿ったような感覚があったんです。


いつもの自分じゃなかった。


全日本チャンピオンだった先輩が出場予定だったのですが、
僕がピンチヒッターで出場したんです。


先輩のためにも、道場のためにも
なんとしても勝ちたくて、
自分の体なんてぶっこわれてもいい。


相手をぶっ殺したい、
とかいう気持ちは微塵もなく、
自分のためでもなく、


とにかく、先輩や道場のために勝ちたい、と
思ってせっせと減量し、
稽古をして、試合に臨んだんです。


当日は、ビックリするくらい体が動いて、
今、思い返しても「神がかっていたな、俺」って
思います。


塚本選手のインタビュー記事を読んで、


「邪気がなかったから神が宿ったんだな」
と納得できたのでした。


さらに、塚本選手は
心をキレイにして感謝すると
「気づきが増える」、といっています。

突きの打ち方はこうだったのか、
回し蹴りはこうすればよかったのか、と。

その気付いたことを生徒に教えていくことが、
これからの自分の使命なんだ、自分がやるべきことは
これなんだと気づくことができました、といっています。



今回の塚本選手の記事を読んで、

スピリチュアルで強くなれれば
苦労は、ねーよ。

とか

塚本は宗教にハマってるのかよ。

と揶揄するのは簡単です。


でも、トップを走る塚本選手だからこそ
説得力があるのだと思います。


僕自身、大した実績もない未熟者ですが、
塚本選手のいっている意味がすごく腑に落ちたのです。


強くなるには、心をキレイにしなければならない。


キモに銘じておきたい言葉です。

10月22日、23日の
世界大会で、塚本選手が優勝するのを
期待しています。



↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 17:49| Comment(8) | 試合で勝つために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうたろうさん、たまです。

いいお話ですね。これは、格闘技の試合だけにとどまらず、人生のすべてに通用することかもしれませんね。

自分の欲望から解き放たれて、一歩も、二歩も、高い次元に立つことができると、何かが後押しをしてくれるのかもしれません。

ありがとうございました。







Posted by at 2011年09月18日 12:57
こんにちは、そうたろうさん。

塚本選手は、きちんと間合いを取って闘う貴重なスタイルの選手ですよね。私も「マッハ蹴り」の使い手として憧れの選手でした。

「強くなるために心をきれいにすると気付きが増える」
「邪気を無くすと神が宿る」
「誰かのために闘う」

いずれも、たまさんが御指摘のとおり、格闘技の試合はもとより、人生全般に通用することですね。スピリチュアルでも宗教でもなく、人生訓として納得できるものです。

私は今、長年の持病のせいで、免職のカウントダウンが始まっています。それを覆すには、20日間フルタイムで働かねばなりません。健康な人にはなんてことないのですが、通院や不意の体調不良で職場を休まねばならない時でも、残り少ない有給休暇でしのがなければなりません。当然、道場どころではありません。正に背水の陣。しかし、1ヶ月耐え忍べばカウントダウンをリセットできます。まさに自分のためだけではなく、家族の生活ひいては幸せのために、1日しか持たない体力を限界まで引き出して乗り切っています。ところが10日を過ぎた頃、自分でも勝手に体が動いている事に気付きました。神がかっているとまでは言えませんが、これまでには無い力が後押ししてくれているようで、残り半分も達成できそうな気がしています。根拠は無いのですが、何か大きな力がエネルギーを引き出してくれているみたいです。もしかして「神が宿る」ってこういうことなのかなあと、勝手に思ってしまいました。無事、全てを乗り切った暁には、ちょうど稽古のある日なので、胸を張って堂々と道場に復帰しようと思っています。それまで辛抱、辛抱です。でも、不思議と辛くはないんですよね。以上、私事で恐縮でした・・・。

今後も、塚本選手やそうたろうさんみたいに、「無我の境地」で稽古に仕事に人生に取り組んで行こうと思っています。

では、また勇気とパワーをもらいにお邪魔させていただきます。
Posted by SD at 2011年09月23日 10:51
追伸

先程の書き込みは、ハンドルネームが「SD」になってしまいましたが、わたくし「SD不肖の弟子」の誤りです。失礼しました。m(_ _)m
Posted by SD不肖の弟子 at 2011年09月23日 10:56
たまさん、こんにちは。そうたろうです。

おっしゃるとおり、塚本選手の話は、
試合だけにとどまらず、人生のすべてに通用しますよね。

やっぱり一流の選手はいうことが違うなぁと感心してしまいました。

僕らも塚本選手のように、
試合だけにとどまらず人生すべてにおいて
達人を目指したいですよね。

コメントいただきありがとうございます。

また、遊びに来てください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2011年10月03日 15:37
SD不肖の弟子さん、こんにちは。返信が遅くなりすいません。

おっしゃるとおり、塚本選手は、きちんと間合いを取って闘う貴重なスタイルの選手で「マッハ蹴り」がスゴイですよね。

SD不肖の弟子さんも、お仕事が大変なご様子。

ご家族を支えているという意識が、パワーを生み出してくださっている好例なのでしょうね。

自分のためだけですと、意外とチカラってでないんですけど、
誰かのために、心を込めて取り組むと神が宿るのでしょうね。

SD不肖の弟子さんも辛いことも多いと思いますが、
目の前のことに丁寧に一生懸命取り組んでいれば、
チカラも湧いてきますし、神も宿りますから。

応援しております。
共に達人を目指して精進していきましょう。

いつも熱いコメントありがとうございます。
また、遊びにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2011年10月06日 12:54
そうたろうさん、お返事ありがとうございます。お返事がもらえただけラッキーです。

さて、仕事のほうは、今日めでたく目標を達成し、なんとか首がつながりました。本当はその勢いで道場に行きたかったのですが、流石に全エネルギーを仕事に注ぎ込んで来て心身の疲労が蓄積し、道場に行く体力は回復しませんでした。しかし、心はまだ折れていません。逆に今回の背水の陣で、病魔と闘うモチベーションが高くなり、気持ちが一回り強くなったような気がします。

そうたろうさんのお返事は、昨日気付いて読ませていただきました。目標達成前日に、あたたかいエールをいただき、フィニッシュブローのパワーをもらいました。本当にありがとうございました。

そうたろうさんとの出会いは、私の人生にとって、新しい世界と視点を与えてくれ、世の中には信ずるに足る人物がたくさんいるという希望を持たせてくれました。

あらためて、そうたろうさんとこのブログを読まれている方々に感謝するとともに、これからも末永いお付き合いをお願いいたします。
Posted by SD不肖の弟子 at 2011年10月07日 19:13
心をきれいにする
僕がそうたろうさんのサイトを見ようと思ったのは 武道に関わる多くの修行者と自分とを
相互によくしたいという 堂々とした姿勢を感じたからでした
武術の世界は業を隠した方が有利なのに
こんなサイトを
作ること自体すごいと思いました




Posted by かんこ at 2011年10月26日 18:41
かんこさん、こんにちは、そうたろうです。

確かに、自分の技術を隠すべきであり、苦労して習得したコツをシェアするのは、武道家としてナンセンスだとは思います。

でも、特殊部隊や警察官でない限り、技術を隠すことは不要だと思っていますし、

武道仲間で、シェアしあったほうが、

「こんなやり方もありますよ」とか
「こんなパンチを出したら、相手が悶絶したとか、いろんなフィードバックがあると思うんです。

このような考え方には、多くの武道家の方が賛同してくれているようで、たくさんの人がこのブログを訪問してくださっています。

共に達人を目指して、武道仲間と語らうって
楽しいと思いませんか?

かんこさんにもご賛同いただけているようで
とても嬉しいです。

共に達人を目指しましょう。

また遊びにいらしてください。

ありがとうございました。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2011年10月30日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: