goshinbanner.bmp


2015年03月29日

理屈はいいからとにかく稽古◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


年をとると
理屈っぽくなってきます。

少年時代のように
いわれたことを素直にやることが
だんだんできなくなってきます。

合気道の指導をしていても、
「技の仕組み」や「技の理屈」を
やたら聞いてくる生徒がいます。

特に定年退職した
おじいちゃんが面倒くさい(笑)。

理屈はいいから、
反復練習しろよ!

といいたい。

そもそも、稽古量が足りないんです。

たくさんの人と稽古して、

「どうしてぶつかるんだろ」
「どうして技がかからないんだろ」

「この角度ならどうだろ?」
「自分の立ち位置が悪いのかな?」

って、試行錯誤して、
違うアプローチをしていけば、
ぶつからない技にたどり着くと思うんですけど。

空手、合気道にかかわらず、
技術練習って、思考を入れちゃいけない。

稽古はとにかくやることに意味がある。

やった後で、反省することは大事。

理屈じゃない。

僕は、空手の型稽古も同様だと思っていて、
とにかくたくさん型を打っていれば
いろんな身体感覚のフィードバックがある。

もちろん初心者のうちは指導が大事だけど、
ある程度までいったら、自分でコツを
みつけていくしかない。

理屈はいいから、とにかくやる。

やっていく中で得られるフィードバックを
大事にしていくことが上達のコツなんじゃないでしょうか。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。


↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。


posted by そうたろう at 18:18| Comment(5) | 合気道からの気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も理屈はものすごく気になるほうなので、そうたろうさんのおっしゃることも分かりますが、質問しちゃだめなんですかね(涙)。理屈を知っていようが知っていまいが、技の上達には関係ないということは分かります。でも気になっちゃうんですよね。そうたろうさんもこの気持ち分かりませんか?
Posted by コーギー at 2015年03月30日 07:34
個人的には、このご年配の道場生さんの姿勢は嫌いではないと思いました。私の場合、技の理合いを全く考えようともせずに、ただガンガンとやるタイプの人が苦手です。受け身も自分から勝手に動いて転がったり跳ねたり・・・・

私はそうたろうさんと正反対の経験が多いのかもしれないです(^^;

しかし、考えて質問し、技の理合いを自分で検証する姿勢は必要かと思います。仕手も受けも、お互いにその姿勢が無いと、効いてもいない技・技として成立しえない変な技で、受けが飛んだり転がったりする変な稽古になりやすいと思います。馴れ合いに陥りやすい要素は、どうしても合気道にはありますから。

しかし、考えることも、身体を動かすことも、
バランスは大切ですよね。
口を動かした分、身体も動かさないと。

では。
Posted by 41歳の春 at 2015年03月30日 17:44
わかります。『わかってるけどできへんねん』て言う人がいて、心のなかで『わかってないからできへんねん』って思っていますから。
とりあえず、気づくまで、黙々と反復稽古ですよね。気づいたと思ってもまた、先がありますし。
とりあえず、やるぺしです。
Posted by フルコン好き at 2015年04月05日 17:21
初めまして、
最近このブログを知り読んでいく中で不思議に感じた点があり書かせていただいています。
「文句を言わず稽古しろ」
これって、伝統的な武道の人はよく言いますし
合気道の人もよく言いますが、
理屈抜きで教えるばかりなのですか?
格闘技でこういう発言はあまり見ないし、
もちろん、稽古を重ねるのは非常に大事ですが、文句が頻繁に出ること、理屈について頻繁に質問されることに問題(やりにくさ?)が無いと言えますか?正しいとは思いますが、それを言うのは危険性もありませんか?

文句を言うようで申し訳ないですが、
以前の記事で「パンチは難しい、KOはなかなか出来ない、掌底や肘の方が威力がある」なんて言ってますが、
これこそ「文句を言わずに稽古しろ」と言われるようなことでは無いですか?
フルコンを長い間経験され、実績を立てられたということで、こんなことを言うのは釈迦に説教とは思いますが、
肘や掌底が強力だからと言ってそればかり出来ても通用しない、当たらないのはよくわかりますよね?
また、護身の観点からパンチの技術を見るなら、パンチに慣れることが大きな利点でありますし、

何よりキックやボクシングを経験されてない人がキックやボクシングの試合を引き合いに出して、「パンチは難しい」と文句を言うのはおかしく感じませんか?
フルコンでの経験から言われるなら理解は出来ます。でも、キックやボクシングのパンチの技術(コンビネーションなども含めて)は明らかに
違うのだから、そこを一緒にしたら変ですよ?
キックでそういう「パンチが難しい、KOはなかなか出来ない」と言う人がいたら
自分だって、「いいからまずはワンツーロー覚えろよ、それを打てるようになってから肘とか考えたら?」と言いますよ。

Posted by ナックモエ at 2015年05月08日 02:52
すみません
前の発言を訂正します。
「文句を言わずに」ではなく、
「理屈はいいから」でしたね。

パンチについても、
「理屈はいいから稽古しろ」に該当すると思います。

フルコンの方は実践(実際に試行錯誤してという意味で)を重視されますよね?
なら、ボクシングやキックを引き合いに出すなら
自分がそれらの技術を研究した上で言うべきでは?

Posted by ナックモエ at 2015年05月08日 03:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: