goshinbanner.bmp


2015年10月24日

この体操で首を痛めました◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


久しぶりに甲野善紀さんの
対談本を購入しました。

→ http://amzn.to/1FNmWKJ

対談相手の松村卓さんは
陸上競技の指導者。

かつては選手として活躍し、
ウェイトトレーニングをガンガンやり
マッチョになりましたが、故障が多かったらしいです。

その後、甲野善紀さんから武術の指導を受け、
「骨ストレッチ」というメソッドを開発しました。

今をときめくスプリンター桐生祥秀君の
指導もされているみたいです。

さて、この対談本を読んで、松村卓さんの
「骨ストレッチ」に興味が湧いたので、
この本を購入してみました。

→ http://amzn.to/1FNnz78

早速、2週間ほど実践してみました。

こちらの動画をご覧ください。



うまくみられないかたはこちら
→ https://youtu.be/1SlNABb-USY


親指と小指をくっつけることを
「末端を閉じる」と説明していて
面白いと思いました。

骨ストレッチの体操の中で
左右に上体をひねる動作があります。

顔を正面に向けた状態で、
1 鎖骨を親指、小指で抑えながらひねる。
2 親指小指をくっつけつつ手首をつかみながらひねる

この体操を2週間続けた結果、僕は首を痛めました。

寝違えたような激しい痛みです。

それほど急激に回していなかったはずなのですが、
かなり首にはストレスがかかっていたようです。

この体操、ウェストを細くする効果もあるみたいで、
バラエティ番組で随分紹介されていました。

タレントが数週間、骨ストレッチ体操をやったら
ウェストが随分細くなっていました。

ウェストには効果があるかもしれないのですが、
首にはかなり悪い体操だと思います。

おかげで、かかりつけの整骨院にいって
首を調整してもらいましたが、
未だにダメージが残っています。

痛いです。

正面を見続けず、上体と首を一体化したほうが
いいと思うんですけどね。

首をひねる動作は、僕が学んでいる合気道にはあまりないですし、
そもそもウェストをひねる動作って古流の武術にはほとんどないはずなのですが…。

このあたりは甲野善紀さんからは
アドバイスをもらわなかったのでしょうか。

僕は松村卓さんの講習会にいって
マンツーマンで学んだわけではないので、
間違えた方法でやったのかもしれません。

実際に効果が上がっている方も多いのでしょう。

ただ、僕には合わなかったみたいで
首が悲鳴をあげてしまいました。

まぁ、ドジな話として、記憶の片隅にでも
置いておいていただけたらと思います。


⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 07:56| Comment(2) | 身体意識を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、時折ブログを読ませて頂いております。
そうたろうさんは、合気道使いには珍しくフィジカルトレーニングを軽視されておられない所と他の武術を差別していない点に好感を持っております。
私が幼少期から20代前半まで学んだ物は鍵槍を主兵装にする物でしたが、お書きになられてる通りで首自体の稼働域は大きくありませんでした。文章では伝え辛いのですが、槍は斬る物と考える流派にはウェストをひねる動作はございます、身体軸をコマの軸と考えて槍で横に薙ぐ動きがあります。同時に腹を支店として腕は船を漕ぐオールの様な動きをします。巷や2chの合気道のスレ等の合気道家には顕著で武術として身体能力を高める事を貶めて技の理合を求める事を良しとして組手や試合を蔑ろにする風潮が強くあります。ですが、そうたろうさんは違うようで良いものは寛大に吸収しようという風で安心します。
私も空手やキックボクシングから本道以上に沢山良い勉強をさせて頂きました。今後も武術の研究成果を楽しみにしております。
Posted by 元・古武術家  at 2015年10月27日 14:06
元・古武術家さんこんにちは。そうたろうです。

鍵槍を主兵装にする流派で修行されていたんですか?

ぜひ、いろいろと、コメントをいれていただけるとうれしいです。

合気道家には珍しく、フィジカル面も大事にしていきたいと思っているんです。

僕自身、フルコン空手出身、というバックグラウンドがあるせいもあるのですが、そもそもスポーツと武術を二分化しなくてもいいんじゃないのかな、という思いがあるんです。

白でも黒でもない、グレーゾーンを大事にしたいと考えているんですね。

そもそも武道、武術をやるからには強くなりたいから、という目的があったりするわけですが、強くなるにはなんでもありなんじゃないのかな、と思っております。

おっしゃるとおり、良い物は寛大に吸収しようという考えです。

これからも末永くお付き合いいただければと思います。

コメントいただきありがとうございます。

また、遊びにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2015年11月14日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: