goshinbanner.bmp


2017年03月26日

後頭部を地面に叩きつける必殺の入り身投げ◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


先日、六段の兄弟子が、

「ちょっと応用技だけど、
戦前の合気道では、こんな入り身投げを
使ってたらしいよ」

と前置きして、
大学合気道部員に
入り身投げをかけました。

最後の投げで、
左手で相手の襟首を掴みつつ、
右手で、首を刈るようにして、
後頭部から床に叩きつけたのです。

もちろん、左手でガードしてあげていたので
後頭部を打つことはありませんでしたので
ケガはありませんでした。

かけられた大学生は、
ダメージこそありませんでしたが、
ビックリしてました。

左手のガードがなかったら…
畳ではなく、アスファルトだったら…

間違いなく即死です。

投技、恐るべし。

普段の稽古では、
相手にケガをさせないように
必殺技は、隠して伝授されていますが、

ちょっとした変化で
殺人技になるという事実は
肝に銘じておいたほうが良さそうです。

それにしても、
床に後頭部を叩きつける入り身投げ
見ているだけで鳥肌が立ちました。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 06:00| Comment(4) | 合気道からの気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうたろうさま、こんばんは。

興味深い記事をいつもありがとうございます。

昔の合気道についてはいろいろ聞いております。

首をひねりながら投げたり、顎を外しながら落とす  肩肘を壊しながら投げる等 古流柔術にもあるような 物騒な技も豊富だったそうですね。

あと入り身も大きく丸くだけでなく、小さくすれ違うように入るなど直線的な体捌き、足捌きであったとか。

特に戦中の合気道には、素早く相手の死角に入るための足捌きが徹底されていたそうです。

興味深い話です。

Posted by ばびぼ at 2017年04月02日 23:37
ばびぼさんこんにちは。

昔の合気道について
師範方から聞くと実に興味深いですよね。

物騒な殺人技が
豊富だったようです。

入り身は小さくすれ違うように入るなど直線的な体捌き、足捌きだったというご指摘、興味深いです。

実戦では、小さく、素早く、相手の死角に入るのは
不可欠な体捌きですよね。

平和な時代の合気道も良いですが、かつての殺人技としての合気道技も研究していく必要はあるでしょうね。

コメント頂きありがとうございます。

また、遊びにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2017年05月04日 08:30
初めまして。合気会で合気道を学んでいます。自分は今の道場以外で教わった経験はあまり無いのですが、入門当初から、合気道のほとんどの投げ技は、相手の頭を地面にむけて真下に叩きつけるものだと教わってきたのですが、ほかの道場はそのような教え方をしていないという事なんでしょうか?今後、機会があれば色々な道場を経験して見たいと思っていたので、もし自分が教わってきた技が現代では異端と見られるのであれば、ちょっとショックですね…
Posted by ひろ at 2017年11月28日 19:40
ひろさん、こんにちは、そうたろうです。

僕も合気会ですが、

「ほとんどの投技は、相手の頭を地面に向けて真下に叩きつける」

と教わったことはないです。

僕の師匠は、戦後の平和な時代に
合気道を修行した人なので、そのような
教わり方はしなかったのだろうし、教えて来なかったのだと思います。

ただ、投技の術理をみてみると、
頭を叩きつける技ですよね。

ひろさんの先生は、実戦的な技を
追求されている方なのでしょうね。

そういう先生は今もいらっしゃると思いますし、
僕は、そういう先生に学びたかったですね。

合気道の技って、一見、統一されているように見えますが、
先生の数だけ、合気道の技が違っています。

なので、世界中の合気道が、
同じ教え方をされていないでしょうし、
仕方のないことなのだと思います。

コメントいただきありがとうございます。

また、遊びにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2017年12月02日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: