goshinbanner.bmp


2017年05月13日

心臓を斬られました◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)という
病気にかかり、手術入院していました。


今は退院し、
自宅療養中です。


さて、
7時間におよぶ
心臓手術をしてきました。


全身麻酔をされて、
心臓を止めて、壊れた弁を修理しました。


手術を終えた後、
37.5度くらいの微熱が
3日ほど続きました。


医師が、手術の翌日、


「立って歩くことはできますか?」


というので、重たい体を無理やり起こし、
集中治療室の病室内を1周してみせました。


「すげー、昨日、心臓手術を
  したのに、もう歩いてる!」


と医師は驚いていました。


「おい、あんたが歩けるか?というから
歩いてみたんだろ」


と、ツッコミを入れてやりたかったですが、
口には出しませんでした(笑)。


でも、いい経験になりました。


まとめると

・肉体を斬られると微熱が出る
・40度くらいの高熱が出た時のフラフラ感
・斬られた胸は重りを載せられたように重たい

ことがわかりました。


ふと思いついたのが、


戦闘で斬られた武士や戦士は、
このような状態で、闘っていたのか


ってこと。


しんどかったです。
いつもの10分の1もチカラが発揮できないです。


斬られた侍たちは、
40度ぐらいの高熱が出た時のフラフラの状態で
再度、敵に立ち向かっていったんだな、と。


肉体を斬られるって、
傷口も相当痛むし、だるいし、
精神的にもかなり弱ります。


殴られ、蹴られる打撲とは
全然違う感覚ですね。


手術という安心安全な斬られ方でしたが、
肉体をざっくり斬られるという貴重な経験を
することができました。


武道家として、まだまだ未熟です。
知らないことがたくさんあります。


打撲とはまた違う
斬られるという感覚。


今回の手術入院の経験を
上手に武道家人生に活かしていきたいです。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 06:00| Comment(4) | 心臓手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
回復おめでとうございます。
私も何回か前腕を切られたり指を切り落とされた事もありますが、自分の体内の温度を感じました。戦国時代の武士でも心臓や大胸筋や重要な動脈を切られたら鈍くなると思いますよ。寧ろそうたろうさんは驚異的なフィジカルです、回復早すぎです。
トレーナーに聴いてみたのですが、加圧トレーニングはやり過ぎると循環器系や血管を脆くさせ易くなって循環器系の病気になると教えて貰いました。そうたろうさんは稽古頑張りすぎてオーバーワーク気味だったんですかね?
話変わって一つアドバイスを頂きたいのです。
中高大と吹奏楽をやっていた20代後半の男性の知合いが居合に興味をもって習いたいそうなのですが、居合は居合で稽古して貰うとして、武道以外に居合の向上になりそうなスポーツ競技や運動って何かありませんかね?クロストレーニングになるような何か。
私はボルダリングとヨガとか考えたのですが。
Posted by 元古武術家 at 2017年05月17日 22:44
久しぶりに拝見させていただきました。
驚きました。
私自身、無病息災は無いという考え方ですので、
起こりうることは、巡りとして受けいれるしか無いと
おもいますが、
お伺いしてますと、大変な手術だったようで、、
いずれにしても、この経験ですら武道に活かそうされているご様子、これからも、さらに深められますように、
これからの、ご健勝お祈りいたします。

Posted by クラニオアイキ at 2017年05月26日 09:15
元古武術家さん、こんにちは。そうたろうです。

元古武術家さんは、何回か前腕を切られたり指を切り落とされた経験がおありなのですね。

体内の温度を感じられたとのことですが、回復するために、体温が上がり、治癒力を高めたりするのでしょうか?

加圧トレーニングはやり過ぎると循環器系や血管を脆くさせ易くなって循環器系の病気になるのですか。


ちょっとオーバーワーク気味だったのかもしれません。


あと、いずれ記事にするかもしれないんですけど、
フルコン空手という胸を叩き合う競技というのは、心臓に悪いのではないか?と考えたりしています。


中高大と吹奏楽をやっていた20代後半の男性の方ですが居合を稽古する上でのクロストレーニングですか?


うーん、むずかしいですね。


居合の向上に繋がりそうな競技…。


おっしゃるとおり、ボルダリングとヨガは身体感覚を研ぎ澄ます意味でも良いと思います。

なにか思いついたら、また、コメントに入れておきますね。

コメントいただきありがとうございます。


また、遊びにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2017年05月29日 18:19
クラニオアイキさん、こんにちは。そうたろうです。

心臓の病気になったのは、必然だったと思うので、受け入れるしかありませんでした。

この経験から武道家として何を学ぶかをベッドの上で考えました。

戦国時代の武士たちと違って、安心安全な場所で、滋養豊かな食事を摂り、温かく清潔な布団でゆっくりやすめることはなんという幸せなのだろう、などと考えたりしました。

合気道の稽古も再開しました。

コメントいただきありがとうございます。

また、あそびにいらしてください。
Posted by フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ at 2017年05月29日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: