goshinbanner.bmp


2017年06月17日

スタンレー・プラニン氏死去◆日本人は記録し後世に伝えるのが下手?◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


スタンレー・プラニン氏をご存知ですか?


アメリカ人の合気道家(五段)で、
合気道研究家です。


「合気ニュース」を創刊した人といったほうが
わかりやすいでしょうか?


残念ながら、今年の2月に逝去されました。

→ http://www.dou-shuppan.com/20170310-2/


スタンレー氏がどんな人なのか
こちらのインタビューを御覧ください。

→ http://www.dou-shuppan.com/aikido_w/140_stan/


スタンレー氏は
植芝盛平翁の自費出版「武道」を
発見して刊行したり、


盛平翁や今は亡き直弟子達の動画を撮影し、
後世に残してくれました。


僕の記憶違いでなければ、
甲野善紀氏を見出し、ロシアのシステマを
日本に最初に紹介したのも「合気ニュース」だったはずです。


スタンレー氏がいらっしゃらなかったら、現在、僕らは
達人たちの動きを、確認したり、検証できなかったわけです。


合気道の価値を見出し、きちんと記録として残し
体系立てて後世に伝えるって、日本人は下手ですよね。


本来、日本人がやるべき仕事なんだろうなと
思いますけどね。


武道だけでなく、マンガもそうですけど、
海外で価値を認められて、逆輸入というカタチで
気付かされるパターンって多くないですか?


ともあれ、世界の合気道研究を進めてくれた
スタンレー氏には感謝してもしきれません。


スタンレー氏が立ち上げた「合気ニュース」も
今や「どう出版」と名前を変え、


宇城憲治先生の著作やDVDばっかり出して
どうしちゃったの?って感じですが、


スタンレー氏の意志を受け継ぎ、引き続き
合気道関連の書籍やDVDを作り続けてもらいたいものです。


これから僕ら日本人は、日本の伝統武術を
きちんと記録に残し、後世に伝えていかなければなりません。


スタンレー氏亡き後、
僕らに課せられた使命は
とてつもなく大きいと思います。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 06:00| Comment(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: