goshinbanner.bmp


2012年12月18日

武道家のためのリアル護身レポートを無料でプレゼント中

★著者そうたろうからのメッセージ★

武道家のための護身論をPDFにまとめてみました。

僕からのささやかなプレゼントです(笑)。

全50ページなので、意外とボリュームがあります。

現時点での、僕の「武道家のための護身論」です。

やっぱり現代に生きる武道修行者には、正しい頭の使い方をして、人生を豊かに生きてもらいたい。

武道の考え方を実人生にも生かして、武道という素晴らしい伝統文化を次の世代に伝えてもらいたいんです。

なまじっか腕力があると、腕力に頼ってしまう。

高校生くらいまでなら、ケンカに空手を使ったり、ヤンチャもありだと思いますが、社会人ともなったら、ストリートファイトはご法度、でしょう。

いざ、という時、冷静な判断ができるように参考材料を提供したつもりです。

ぜひ、「武道家のための護身論」をお役立ていただけたら幸いです。

下記の登録フォームに、メールアドレスを入力し、
メルマガ購読に同意するチェックを入れ、
確定ボタンを押して請求してください。


もちろん、無料ですし、ヘンな売り込みとかは一切いたしませんので、ご安心ください(笑)。

【お願い】ダウンロード先をお伝えするメールを送信しておりますが、「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうことが多いようです。「メールが届かない」という問い合わせが多いのですが、「迷惑メールフォルダ」をご確認ください。





配信許諾









無料レポート「武道修行者のためのリアル護身術」を請求していただきますと、
自動的にメールマガジン「フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ」に登録されます。

すでにご購読されている方に、二重にメルマガが届くことはありません。
ご安心ください。

入力いただいたメールアドレス宛に、レポートダウンロード先をお送りします。
posted by そうたろう at 22:20| Comment(2) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

僕のブログをお読みになる方へのお願い◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

⇒ 武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


ここのところ慌しくて、
自分のブログをチェックできないでいました。

すると、ある読者さんから、
「おかしなコメントが書き込まれてますよ」と
メールをいただきました。


早速、ブログを確認してみると、
名無しの「荒らし」コメントが書き込まれていました。

過去に何度か、そういう目に遭っていますので、
僕はスルーだったのですが、

何人もの読者さんから、励ましのコメントや、
「荒らし」に対して、批判のコメントを
入れていただきました。

本当にありがとうございます。
とても励まされました。


熱い読者さんたちに支えられて
メルマガ、ブログ運営ができていることを
再認識いたしました。



武道に携わる皆様なので、
あえてブログ上のマナーについて
ふれずにきたのですが、

僕の考えていることを
3点、書いておこうと思います。

●ハンドルネームでOKなので名乗ってください。
●批判は基本的にお断り
●返信は期待しないでください
ってことです。

●ハンドルネームでOKなので名乗ってください。
名無しの方のコメント、メッセージは
申し訳ありませんが削除いたします。
ハンドルネームで構いませんので、
最低限、名乗っていただきたいです。


●批判は基本的にお断り
私、そうたろうは人格者ではありませんので、
批判を読んで、わーいと喜ぶことはありません(笑)。
かなりヘコみます。

常連さんや親しい方からの建設的な批判は甘んじて受けますが、
見ず知らずの方からの批判はご遠慮いただきたいです。

ブログは基本的に、運営者のテリトリーだと思うんですね。
相手のテリトリーにずかずか土足で入り込み、
批判をしたり誹謗中傷するのは、ナンセンスだと思っています。

批判は2ちゃんねるや掲示板で思う存分やってください。


僕のブログとメルマガは、僕の考え方に共感し、
共に達人を目指す人たちの友好的な集まりであって欲しいと
願っています。

このブログを読んでくださっている人には
ご理解いただいていると思いますのでなんの心配も
していないんですけどね。


●返信は期待しないでください
僕自身、このブログ、メルマガには
かなり情熱を注いで運営していますが、

なにぶん、武道家、サラリーマン、父親、夫を兼業しており
読書をしたり、ウクレレを弾いたり、旅をしたり、
認知症の親父の介護もしています。

いただいたコメント、メッセージもすべて目を通しておりますが、
必ずしも返信できるとは限りません。

できるだけ、返信したりコメント返しをするようには
していますが、気長にお待ちください。

心を込めて返信することが多いので、
お時間がかかります。

もしも、返事が来ない場合は、
もう一度メールをください。

届いていない可能性があります。

このあたりをご了承いただければ、と思います。

すべて、私、そうたろうのわがままです。

ブログ運営をはじめて3年近く立ちますが、
読者の皆様のご意見などに触発され、
かなり自分自身が進化できています。

本当にありがとうございます。

今後とも末永いお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします。


ご購読ありがとうございます!


↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
ラベル:空手 合気道 武道
posted by そうたろう at 12:13| Comment(21) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

「フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ」メールマガジンをはじめました

こんにちは。

そうたろうです。

突然ですが、メールマガジンをはじめました。

読者の方ともっと積極的に交流したいのが一番の目的です。

それと、メールマガジンに以前から興味があり、いくつか購読していましたので、自分も発行者になってみたかったからです。

メールマガジンを発行することで、このサイトが今後どのように発展していくかもとても楽しみです。

ブログとメルマガは連動していく関係になると思いますので、末永くお付き合いくださいませ。

右上の登録フォームから、申し込みができますので、どうぞ購読してみてください。

解除もすぐにできますから、お気軽にどうぞ。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by そうたろう at 06:00| Comment(7) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

はじめに★共に達人をめざしましょう

はじめまして。

そうたろう、と申します。

気が付いてみると、空手を稽古しはじめて
20年が経過しました。

これは、根性があるからとか
センスがあったからではありません。

単純に空手が大好きだったからです。

僕は選手として10年闘ってきましたし、
20年の間には、本当にすばらしい体験を
たくさんさせてもらいました。

選手としてラストファイトをしたのは7年前。
空手雑誌に「蹴りの達人」と特集記事を組まれる
強豪選手と闘いました。

結果は延長に入ってから、左上段回し蹴りの技ありを取られ
判定負け。

蹴り足がみえませんでした。

完敗でした。

僕は身長170センチ。体重75キロ。

相手は、180センチ、90キロ。
柔軟性もあり、身体能力も高い。

こういう強い選手に勝つためにはどうしたらいいのか?

考えに考えました。

ウエイトを今まで以上にやって、
100キロ挙げられるベンチプレスを
130キロ挙げられるようになっても
おそらくこの強豪選手にはかてないだろう。

そしてたどり着いたのが
合気道でした。

合気道には、フルコンタクト空手にはない
(もしかしたら、忘れ去られた)
発想法、技術がありました。

そして合気道を学ぶことによって
僕の組手は激変しました。

フルコンタクト空手家には
ぜひ、他武道、古武術を学んでほしいと
思います。

フルコンタクト空手家が
他の武道、武術を学んで
得た気づきを
共有したいと考えています。

書き込み大歓迎です。

流派を超えて、小さな気づきを共有し
共に達人を目指しましょう!
posted by そうたろう at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする