goshinbanner.bmp


2017年12月13日

大腿四頭筋を鍛えるのは悪いことじゃない◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


思わず、僕が

「あれっ?先生、太ももが太くなっていませんか?」

とトレーナーにいいました。

昨日、加圧トレーニングに行ってきたのですが
トレーナーの大腿四頭筋が一回り大きくなっていました。

いきなり大きくなったというよりも、
1か月前ぐらいから気がついてはいたんですけどね。

すると、トレーナーは、

・木場式トレーニングで大臀筋を使うトレーニングを続けていた
・大殿筋に刺激が行くような動きに変化することができた
・しかしサッカーをやる上では、大腿四頭筋を鍛えていないダメ
・急停止、方向転換の衝撃に膝が悲鳴をあげる
・膝の衝撃を受け止めるのは大腿四頭筋である

これらの理由から、
原点に戻る感じで、

・バーベルスクワット
・レッグランジ

をやりこんでいるらしいです。

するとどうなったか?

トレーナーは元プロサッカー選手で
今もサッカーを楽しんでいるのですが、

バーベルスクワットをやり込むことで、
膝の負担もなく、快適にサッカーができているとのこと。

なるほどねー。

この話、ちょっと考えさせられてしまったんです。

どういうことかというと、体幹トレーニングをはじめとする
最近の科学的トレーニング法では、

大腿四頭筋に頼るのではなく、
体幹部、大殿筋、ハムストリングスを
上手に使うメソッドが多い。

極端なことをいうと
大腿四頭筋に頼る体の使い方はよくない
という風潮がありました。

でも、大腿四頭筋を使うことも大事です。

むしろ、怪我防止という意味では、
大腿四頭筋をもっと有効活用したほうがよいのではないか。


加圧トレーナーも、
大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリングス
その他の小筋群をバランスよく使うのが
難しいといっていました。

大殿筋を使いすぎると、大腿四頭筋が
おろそかになり、膝への負担が増す。

大腿四頭筋ばかり鍛えると、
動きにロスが生じる。

効率よく筋肉を動かすって
難しいことですよね。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。


↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。


posted by そうたろう at 06:00| Comment(0) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

たった4分で心肺機能を高められる画期的トレーニング法◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


タバタ式トレーニングって
ご存知ですか?

一言でいってしまえば
高強度のインターバルトレーニングです。

先日、加圧トレーニングのトレーナーに
加圧ベルトを巻きながら、指導していただきました。

そのキツイことといったら!

立命館大学スポーツ健康科学部、学部長の
田畑泉教授が発案した日本生まれのトレーニング法です。

やり方は、超簡単。

ややきついと感じるくらいの高強度の運動を
20秒間行い、その後10秒間休む。
これを8回繰り返すだけです。

つまり、30秒×8セット=合計4分ってことですね。

僕が加圧トレーナーから指導された時は、

20秒間全力でバービージャンプを行った後
10秒間休んで息を整え、2セット目に突入

を繰り返しました。

終わった途端、グロッキーで
床に倒れこみました。

46歳のおっさんには
ムチャですよって(汗)。

別にバービージャンプでなくても
その場で「全力もも上げダッシュ」とかでも
いいと思います。

この「タバタ式トレーニング」のポイントは、
20秒間の運動を全力で動き続けることです。

20秒の運動にインターバルがついて4分。

楽勝に聞こえますが、
やってみるとわかりますが
メチャメチャ苦しいです。

回数を増すごとにキツさが増してきて、
インターバルの10秒がどんどん短く感じられ
まるでインターバルがないように感じてしまうのが不思議。

「地獄の4分間」ですが、
1時間、自転車を漕いだのと同じ
運動量になるらしいです。

恐るべし、「タバタ式トレーニング」。

やり方は単純なので、
ぜひぜひ、あなたのトレーニングにも
取り入れてみてください。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 06:00| Comment(0) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

加圧トレーニング+スロートレーニング=???◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


筋トレおたくの若手トレーナーに
シゴかれてきました。


どんなメニューが効いたかというと
加圧ベルトを巻いた状態で
スロートレーニングを指導されたのです。


加圧トレーニング+スロートレーニング=最強トレーニング


って感じです。


加圧トレーニングはご存知だと思いますが、
スロートレーニングというのは、
ゆっくりと動作して効かせるトレーニング法ですね。


東京大学の石井直方教授の著書が詳しいです。




ざっくりと説明してみましょうか。


腕立てを例に挙げますね。


下ろす時、6秒かけてゆっくり下ろします。
今度は、6秒かけてゆっくり上げます。


この繰り返し。


※指導者によって5秒にしたり、6秒にしたりいろいろみたいです。
自分でカウントすると、遅くなったり早くなってしまうので、
電子メトロノームを使うと、ごまかしが効かなくなります。


加圧ベルトを巻きながらやるスロートレーニングは
効き方がハンパないです。


効きすぎて、腕も足も使い物にならなくなり、
ぺちゃんこに潰れました(汗)。


このように、トレーニングメソッドを掛け合わせると
無限にトレーニングメニューが作れるのです。


あなたのトレーニング法のご参考になれば幸いです。


追伸
加圧トレーニングの特許が切れたので、
加圧ベルトが格安で売られています。

僕は先日、この加圧ベルトを購入しました。



→楽天市場での価格はここをクリック

通常、正規品を買うと5〜15万円しますが、
この価格はド肝を抜かれました。

→楽天市場のほうが安いです


縫製もしっかりしていて、腕用、足用の計4本。

かなり良いです。


加圧トレーニングの経験がある方は
手に入れておいて損はないと思います。

どうせ自宅で筋トレをやるならば、
加圧ベルトを巻いたほうが効果が高いです。

トレーニング時間がない!という人ほど、
加圧ベルトを巻いて、腕立て伏せをしてみてほしいです。

その効果に驚くはずです。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。


↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 00:00| Comment(0) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

丹田とはインナーマッスルと骨の意識の総称かも?◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


加圧トレーニングのジムのトレーナーに
ボディチューニングをしてもらっています。

ボディチューニングというのは、
まぁ、楽器のチューニングと同じで、

ペアストレッチや軽い筋トレで、
体全体がうまく連動するように
調整するのです。

チューニングをしてもらうと、
肩甲骨周辺、股関節周辺の可動域がぐっと広がり、
上丹田、下丹田の意識が高まります。

骨盤をはじめとする各部の骨が
あるべきところに納まるイメージです。

かなりベストの状態で
体が動くようになります。

チューニングをしてもらう前と
してもらった後では明らかに
体の動きが違うのです。

闇雲に空手や合気道の稽古をするだけで
身体意識って本当に高まるのだろうか?

というのが、ボディチューニングを受けるようになっての
正直な僕の感想です。

武術の体の使い方は筋力に頼らないといわれますが、
人体の構造上、筋肉を使わないというのはありえない。

骨格、筋肉の特性をきちんと理解した上で、
体を使わないと、柔軟に動くことはできないはず。

多くの武術家は、
欧米のスポーツ科学を嫌う傾向があるようですが、

科学的なアプローチも
身体意識を高める上でも有効なのではないかと
個人的に感じています。

丹田の意識というのは、
表にみえないインナーマッスルや
骨盤の意識の総称なのではないか?と
僕は仮説を立てています。

トレーナーも同じ意見でした。

昔の武術家は、
身体についての造詣は深かったと思いますが、
インナーマッスルの存在をどこまで理解していたのかは
謎です。

現代人はラッキーなことに
図鑑などを見れば、
簡単に人体の構造を把握することができます。

現代人には現代人なりの
身体意識の把握の仕方があるはず。

身体感覚を後輩や生徒に
わかりやすく伝えられるよう、
もう少し研究を進めていきたいです。


↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 06:58| Comment(3) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ケガの回復を早める加圧トレーニング◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


加圧トレーニングを開始して早一年。

加圧トレーニングが僕の体質、ライフスタイルに合っているので、
僕にはピッタリのトレーニングだと思っています。

加圧トレーニングを開始して、体調は絶好調!

血流がよくなると、こんなにも調子がよくなるのか、と
ちょっとびっくりしています。
試合に出ていた20代の頃よりも調子がいいです。

1週間に1度、わずか30分のトレーニングで十分。
忙しい現代人にはうってつけのトレーニングです。

というか、加圧トレーニングは、いきなり限界がやってくるので、
30分以上、トレーニングを続けると、間違いなく貧血で倒れます(笑)。

僕はトレーナーにかなりハードにメニューを組んでもらっているので、
トレーニング後は血尿がでることもあります。
いつも絶叫しながら、ベンチマシンやスクワットをやってます。

加圧ベルトを巻くとハードなストレッチも可能になるので
最近は、大殿筋と腸腰筋ストレッチをトレーナーにやってもらっています。
これがメチャメチャ痛いんですけど、僕の稼動域は一気に広がり、
蹴りが以前よりも格段にスムーズにでるようになりました。

メリットをあげるとキリがないので、
「ケガの回復が早い」ということに絞ってお話をすることにします。

合気道の稽古では、肘関節を極める技がいくつかあります。
僕は、左肘をよくいためてしまうのですが、加圧トレーニングをはじめてから、
回復が早くなりましたね。

今までは1ケ月は痛みが治まらなかったのですが、
1週間、長引いても2週間もあれば、復活します。

血流がよくなるとケガの回復が早くなるから当然のことらしいです。
ジムには有名なJリーガーも通うのですが、
ケガの回復が早く、一流のアスリートにも喜ばれているみたいです。

格闘技、武道の稽古は怪我と背中合わせだと思います。
格闘技と加圧トレーニングは相性がいいのではないでしょうか?

加圧トレーニングの基礎理論などは
書籍も多数でてますし、インターネットで検索すればいくらでも
情報は出てくると思います。

僕がお答えできるのは、経験に基づいた加圧トレーニング体験記。

実際、加圧トレーニングについて、こんなことが聞きたいとか
こんな疑問点があるなどリクエストを頂けると、僕も答えやすいです。

メールをくださるか、ブログにコメントを入れておいてくださいね。

お待ちしております。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 07:42| Comment(2) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

加圧トレーニングを半年続けた成果◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

今日は、加圧トレーニングについて書きます。

僕は半年前に加圧トレーニングと出会いました。

近所に、加圧トレーニング専門のトレーニングジムができたのです。

早速、体験入門したところ、かなり有意義なトレーニングであることがわかり、即入門したのです。

半年経過したんで、現在の状況を報告させてください。

●筋肉量がアップした。腕周り、太もも周りが、1センチ大きくなった。

●体調がすこぶるよい。20代の現役バリバリだった頃よりも体の調子がよいです。

20代の頃は、オーバーワーク気味だったせいもありますが、
現在は、スタミナもつき、絶好調です。成長ホルモンが通常よりも290倍でているらしいんですが、体が活性化しているのがわかるんですよ。

あんまり調子がよいので、また試合に出たくなるほどです(笑)。

●体幹部が上手に使えるようになった。肩甲骨周辺、骨盤周辺の意識が高まった。

●重量を追いかけないので、正しいフォームで筋肉を完全に追い込むことができる。

などなど、効果を挙げるとキリがありませんので、この辺にしておきます。

いやー、ホントにいいことづくめなんですよ。

まだ経験していないのだったら、一度体験してみてください。

20代の頃に加圧トレーニングに出会っていたら、もっとすごいことになっていたんじゃないかと思います。

週に1度30分のトレーニングでこれだけの効果が出るのって
驚異的だと思いませんか?

僕は、合気道家にも筋トレが必要だ、と常々いっているんですが、
重量を追いかけるウエイトトレーニングは不要だと思っているんです。

怪我をしないからだ作り、
身体意識を高める筋トレをすべきなんですね。

そういう意味では重量を追いかけず、
血流が良くなり、成長ホルモンを大量分泌できる
加圧トレーニングがオススメなのです。

僕は、加圧トレーニングにコアトレーニングを
加味したトレーニングをやっているせいで、
身体感覚が高まっているのですね。

ちょっといいことばっかり書いてしまいましたが、
加圧トレーニングの疲労度って半端じゃないんですよ。

やっている最中、貧血で倒れそうになるときもありますし、
終わった後は、精も根も尽き果てるというか、

魂を抜かれたような状態になります(笑)。

貧血になりそうなときって、目の前が真っ暗になるんですよ。

気を失う寸前というんですかね。

どうも、僕ら武道家っていうのは、表情を表に出さないというか
辛くても、ポーカーフェイスでいたりするじゃないですか。

トレーナーには、僕がぶったおれそうだっていうのが分からないらしいです。

道場稽古で辛そうな顔をすると、すかさず竹刀が飛んできましたし、
試合の時に辛い顔をすると、たいてい負けますからね。

稽古や試合では、感情を表に出さない習慣がついてしまっているのです。

加圧トレーニングをやったことがないのなら、
ぜひ体験されることをオススメします。

体験してみたら、ぜひ、感想をお聞かせください。
posted by そうたろう at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 加圧トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする