goshinbanner.bmp


2017年02月23日

北朝鮮の金正男氏を毒針で暗殺って…◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


北朝鮮の金正男氏が
マレーシアで暗殺された事件は
衝撃的でした。

毒針で暗殺って…。

中国武術の暗器、
日本の忍術を思わせますね。

北朝鮮の工作員は
陸軍中野学校出身者から
教えを受けていたことは有名な話。

陸軍中野学校では
忍術を教えていましたから。

藤田西湖(ふじたせいこ)という甲賀流忍術の継承者が
陸軍中野学校の立ち上げに深く関与しているのは
ご存知でしょう。

藤田西湖氏は甲賀流忍術だけではなく、
南蛮殺到流拳法、杖術、手裏剣術、一伝流捕手術も継承し、
武芸十八般なんでもござれ、という人でした。

しかも、忍術を使って、
スパイとしても大活躍しています。

このあたりのいきさつは
この本が詳しいのですが、
絶版でプレミアがついてますね…残念。



今も、忍術は有効なんだな。

金正男氏の暗殺事件で、
藤田西湖氏や忍術に思いを馳せてしまうのでした。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 00:00| Comment(0) | 武器術と徒手の技術の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

素手だったら勝てるのになぁ…武器術は怖い◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

武道具、格闘技、トレーニングアイテムの通販ならCHAMP(チャンプ)

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


すごーく失礼を承知して
書かせていただきます。

僕の通う合気道場の諸先輩方と
ガチンコで素手で戦うとしたら
たぶん僕が勝つと思います。

フルコン空手を30年やってきましたし、
それなりに強豪選手ともバトルしてきました。

合気道も四段だし、基礎体力もあるし、
必殺技の左下突き、左上段回し蹴りがあるからです。

でも、諸先輩方が木刀、棒を持ったら
勝負の行方はわからない気がします。

なんで、こんな失礼な妄想例を出したかというと、
武器があるだけで、形成が逆転してしまうってことが
言いたかったからです。

裏を返せば武器術は怖いってこと。

空手、合気道など徒手の武道だけを
やっているとついつい武器術が
おろそかになってしまいます。

でも、第二次世界大戦頃までは

「はじめに武器ありき」

だったわけで、
武器術の習得が不可欠でした。

武器の携帯、使用が
法律上禁止されているからといって
武器の稽古をおろそかにしてはいけません。

形成が180度変わってしまうからです。

そして、現代の徒手武道は、もともと
武器術から発達、分派したものです。

武器術は大切。

そして殺傷力があって
一発逆転が容易。

今一度、武器術と徒手の技の関係性を
見直したほうがよさそうです。

武器が使えない武道家は
機会をみつけて習得したほうが
良いと思います。

⇒ こちらの注意事項を読んでからコメントしてください。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
posted by そうたろう at 00:00| Comment(2) | 武器術と徒手の技術の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

小よく大を制す、武器術なら簡単だ◆フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ このボタンどちらかをクリックしてみてください。
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになってます。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます♪


僕は、剣と棒なら
多少は扱えます。

合気道の審査でも剣術が試験科目に
入っていたので、かなり稽古しました。

剣道家にはとてもかないませんけど(笑)。

剣術の稽古をする中で、
気がついたのは、

「小よく大を制する」のは
武器術だと案外簡単なのではないか?
ってこと。

真剣を手にしたことありますか?

ちょっとゾッとするような
妖気が感じられますよね。

以前、合気道の師範から
真剣をみせていただきました。

吊るした紙を
プスッと刺してみせてくれたんです。

日本刀はこんなに斬れるんだぞって
パフォーマンスだったんですけどね。

支えのない紙を突き刺すには
よほど鋭利でないとムリ。

そして、髭が剃れるほど
刃が研ぎ澄まされているんです。

こういう剣で、かつての武士たちは
斬り合いをしていたんですね。

もう触れたらおしまい、の世界です。

なので、実戦における剣術の戦いって
チャンバラとは違って案外とシンプルだったと
思います。

触れれば勝ち、みたいな。

小手が決まれば剣が握れない。
足を払えば、もう歩けない。

もう体捌きがすべて、だったんじゃないでしょうか。

素手の格闘技で
小さい人間が大きい人間に勝つのは
至難の業。

ある意味、当たり前ですよね。
体重も同じで、しかも一対一で、
条件がほぼ同じなのですから。

徒手の格闘技や体術で、
小よく大を制するのは
よほど実力差がないと無理。

でも武器術だったら、
案外と簡単にできたのではないかと
考えさせられたのでした。

↓【面白いボタン1号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
↓【面白いボタン2号】
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
↑ 今日の記事はいかがでしたか?
★へー、なるほど!と思ったら、面白いボタンをクリックしてください
★まだまだ修行が足りん!と思っても、面白いボタンをクリックしてください(笑)
コメントが面倒な時でもあなたのやさしい気持ちが僕に伝わるようになっています。
記事の更新頻度がたぶんどんどん上がります(笑)。
今日も読んでくださってありがとうございます。
ラベル:空手 合気道
posted by そうたろう at 15:51| Comment(7) | 武器術と徒手の技術の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする